Skip Ribbon Commands
Skip to main content
Navigate Up
Sign In

Quick Launch

ARC ジャパンホーム > ARC業界ニュース > Posts > 工業セーフティ・プロトコルの統一を目指すopenSAFETY の活動
April 13

工業セーフティ・プロトコルの統一を目指すopenSAFETY の活動

 

ここ数年における最も顕著なオートメーションの傾向のひとつは、機械安全技術が、有線接続の、個別部品ベースから、洗練されたネットワーク・システムへと移行してきたことである。今日、新しい安全ソリューションは、オープン・ネットワークを介して、情報を持ったセーフティ・デバイスとつながっている。安全情報は、国際安全規格の要求を満たすために必要なデータの整合性のレベルを確保するための措置を施すセーフティ・プロトコルを介して交換される。
 
工業系ユーザにとって不都合なことに、これまで並行して実施された開発は、相互に整合性のない多様なソリューションを生み出してしまった。しかしながら、最も普及しているEthernet ベースのネットワーク全体でopenSAFTY と呼ばれるセーフティ・プロトコルに1本化しようという活動が始まっている。この活動は、もしも有力なエンド・ユーザの後ろ盾と業界コンソーシアムの支援がなければ、極めて困難な活動となるであろう。このARC View レポートは、この活動の舞台裏を紹介する。(David Humphrey

 

 

Comments

There are no comments for this post.