アクセンチュアが OPS ルールズ買収で機械学習と運用分析を強化

Submitted by Bob Mick on Thu, 01/26/2017 - 06:57

アクセンチュア(Accenture)はOPS ルールズ(OPS Rules)の買収により、機械学習と運用分析の能力を拡張する。OPS ルールズは、サプライチェーンや運用分析機能ソリューションを開発するためのデータ分析アプリケーションを専門にする分析機能コンサルティング企業である。買収の完了後には、アクセンチュアは、多くの業界の顧客向けに新たな分析アプローチを開発するために機械学習や最適化技術を適用する同社チームに、新たな運用分析の専門家を加えることになる。買収金額等は非公開。

2012年に設立されたOPS ルールズは、米マサチューセッツ州ウォルサム(Waltham)と米テキサス州リチャードソン(Richardson)に事業所がある。同社は、マサチューセッツ工科大学(MIT)の工学部教授でサプライチェーンと運用分析の知見を有するデビッド・シムチ‐レビ(David Simchi-Levi)氏が主導している。同氏と彼のチームは、アクセンチュア・デジタル(Accenture Digital)の一部門であるアクセンチュア・アナリティクス(Accenture Analytics)に所属し、またアクセンチュアのデータ分析研究拠点(Data Science Center of Excellence)にも所属することになる見込みで、機械学習、深層学習、テキスト分析機能を含む先進的な分析機能の取組みを通して顧客の問題を解決することとに専心する。(Craig Resnick)

/blog/arcwire-industry-news