エンジニアリング設計ソフトウェアとビル情報管理システム

Publish Date

このエンジニアリング設計ソフトウェアとビル情報管理市場調査報告書は、現在の市場分析に加えて、5年間の市場予測と技術予測を提供します。本調査は世界中、すべての地域、主要国の複数の編集版で利用できます

力強い成長を続けるエンジニアリング設計ソフトウェアとビル情報管理システム

ARCアドバイザリグループのエンジニアリング設計ソフトウェアとビル情報管理(Engineering Design Software and Building Information Management : EDS/BIM)市場には、エンジニアリング設計、解析、プロジェクト管理ソフトウェアや実際の建物や社会インフラの建設で使われる関連のサービスが含まれている。レポートの EDS 部分には、電力、プロセス、海洋産業が含まれており、BIM 市場には社会インフラが含まれている。パンデミックが経済全体に与える影響を考慮すると、市場は2021年に驚くほど力強い成長を遂げた。2021年以降も、世界的に高い市場成長が続くと予想されている。EDS/BIM ソフトウェアのサプライヤは、ほとんどの場合、前払いの永久ライセンスの販売からサブスクリプション サービスに移行している。パンデミックにもかかわらず、EDS/BIM 市場は 2021 年に新規ユーザを獲得した。サブスクリプションサービスは、設備投資(CapEx)を 業務費用(OpEx)に変換し、IT サポートへの依存をほぼなくす、アップグレードが不要になる、初年度の取得コストを(サーバーを含めて) 60% 以上削減するなど、ユーザに多くのメリットがある.

英文ページ:Engineering Design Software & Building Information Management  Global Market Research