オートメーションサイバーセキュリティの役割定義に関する調査

Submitted by Shin Kai on Sun, 01/20/2019 - 06:20

 

産業界のオートメーションユーザ企業は、技術の変化と絶えず付きまとうサイバー脅威に留意しています。成長技術、サイバーセキュリティの向上、産業用IoT に備えるために、リーダーはしばしば、変化に対応できる技術的な役割の技と能力を再評価する必要に迫られています。

ARCアドバイザリグループは、技術的役割、技と能力、組織的構造、有利・不利をともなう産業組織モデルの形成における優良事例およびプロセス制御及びオートメーションエンジニアリングの業界全般にわたる今後の見通しを調査します。

この調査は、オートメーションのエンジニアリング、産業制御システムのサイバーセキュリティ、技能分析、組織コンサルティングに携わる人を対象とします。調査で収集した企業情報は厳密に管理されます。個々の回答は秘匿情報とみなされ、集計可能な情報のみが報告書に掲載されます。この調査に協力いただいた方には、調査報告の要約版をご提供します。