設備パフォーマンス管理の重要度測定のための市場調査

Submitted by Shin Kai on Mon, 03/25/2019 - 21:40

 

産業界に革新を起こす人々は、設備パフォーマンスの不良が事業の業績全体に及ぼす負の影響を常々配慮してきました。設備が期待通りには稼働せず望んだ信頼性を満足できない場合、収益性は低下し、運用卓越性の達成は困難に思われるようになります。この調査では、今日の業界リーダーがどのように設備パフォーマンス管理(APM)を導入しているかを見出し、異なるアプローチによる効果度の違いを比較することを目的としています。

この調査が対象とする主な要素には、多様なAPM 技術とその受容、APM への投資を正当化する経済的動因、多様な保全実践の業界比較、信頼性向上で最も成果を上げているのは誰か、が含まれます。

調査にお応えいただきたい対象は、設備のパフォーマンス、運用、あるいは信頼性の向上に携わっているエンドユーザ、システムインテグレータ、エンジニアリング会社、コンサルタントの方々です。この調査ではご自身の経験とご判断をお尋ねします。個々人の情報は秘匿情報として管理され、集計可能な項目のみが報告書に用いられます。この質問項目へのご回答に要する時間は5-10分程度です。ご協力者には調査報告概要をご提供いたします。