収集データの価値を測る: 機械接続のROI 測定に関する市場調査

Submitted by Shin Kai on Mon, 04/22/2019 - 10:34

 

今日、産業オートメーション領域において機械接続(machine connectivity)は最も話題の多い分野の一つであることは確かでしょう。しかしでは、機械接続の投資利益率(ROI)はどの程度であり、実際のところ機械の接続から得られるデータにどれほどの価値があるかという疑問が残ります。ARC アドバイザリグループは、産業機械を活用する専門家を対象として、機械接続に関する価値ある洞察を提供することを目的とする簡単な調査を実施いたします。

この調査が取り扱う範囲には、機械接続の御社の事業に対する貢献度、機械接続を実現した手法、これまで機械接続のために投資したおよその額(および、今後予定する投資額)、接続した機械がもたらす利益と不利益について、機械のデータから貴社が引き出す価値について、機械を接続できなかった場合に被るマイナスの結果について、といった話題が含まれます。

調査にご協力いただきたい対象者は、それぞれの組織内で機械接続に関わる事業をお持ちのエンドユーザ、機械設備のオーナ、システムインテグレータ、コンサルタントの方々です。この調査はご自身の経験と観察をおうかがいします。個人的な情報はすべて秘匿情報として厳密に管理され、集計可能なデータのみが報告書の中で用いられます。この調査にご回答いただいた方々には、調査報告書の発行の後に、調査結果の概要をお送りするとともに、PTC のLiveWorx(ライブワークス)会議参加の折に役立つ$100ディスカウントコードをご提供いたします。