産業機械向け AI 活用に関する市場調査

Submitted by Shin Kai on Mon, 05/04/2020 - 10:28

 

ここ数年で、人工知能(AI)は、機械レベルからERP に至るまで、またエンジニアリングから運用に至るまで浸透し、その用途は、製造のいたるところに見受けられるようになりました。とはいえ、現実をブーム的盛り上がり気運から切り離し、実際の長期的な可能性を特定し、実際に運用をサポートし、事業に利点をもたらすAI の用途を見つけることは、依然として課題です。またこれがすべて達成されたとしても、実装段階に超えるべき課題がさらにいくつか残されています。

この調査は、ユーザ、マシンビルダ、EPC、サプライヤがどのようにAIを活用しているか、どのような用途を見込み、AI を現実化する上でどのような課題を抱えているかを調査することを目的としています。

この調査が対象として取り上げる話題は次のとおりです。

● AI の主要な用途は何ですか?

● 製造業での採用状況は?

● 機械用途においてAI を推進する要因は何ですか?

● AI を採用する際に企業が直面する障害は何ですか?

また、アーキテクチャ、未分類データ、AI に使用されるハードウエアなどいくつかの技術トピックについてもお尋ねします。

この調査が対象とする回答者は、ユーザ、EPC、マシンビルダ、サプライヤなどの関係者すべてであり、それぞれに個別の設問が用意されております。この調査は技術専門に偏ることなく、AI 専門家から、プロジェクトリーダ、戦略スタッフ、執行役員クラスにもご回答いただける内容です。

この調査はご自身の経験と観察に基づく情報を求めています。ARC はすべてのご回答を部外秘扱いとして厳密に管理し、集計可能な内容のみが調査書に報告されます。報告書が発行され次第、回答いただいたすべての方に無料で調査の要約版をお届けいたします。