SAP がLeonardo で頭脳集団の競合に参戦

Submitted by Shin Kai on Sun, 01/15/2017 - 23:59

 

SAP はこのほど、IoT ポートフォリオに、IBM のWatson(ワトソン)、セールスフォース(SalesForce)のEinstein(アインシュタイン)などと同様に、知性を連想させる新ブランドSAP Leonardo (レオナルド)を加えた。とりわけ産業領域において多くのIoT への関心と成果を生み出しているのがほかならぬ高度分析機能であってみれば、この展開は妥当なものである。それが人工知能であれ、機械学習であれ、コグニティブコンピューティングであれ、運転現場からのライブのデータフィード、大容量データ蓄積、外部の多くの場合非構造型のデータソースと組合わされることにより、この技術が製造と産業用エコシステムを再構築することになる。

もちろん、どれほど聡明であろうと名前だけでは十分でない。しかしSAP はすでにかなり広範なIoT ポートフォリオを蓄えており、SAP Leonardo のための即効開始プログラム(Jump-Start Enablement Program for SAP Leonardo)の導入は、5年間で20億ユーロを投資すると先頃発表した計画の開始を告げるものである。

SAP Leonardo を活用することで、企業はモノ(things)を直接、相互的に業務プロセスと結びつけることが可能になる。その結果、業務プロセスは透明化し、リアルタイムで、先行主導型となり、ひとびとは増幅された知能と自律(intelligence and autonomous)のシステムを用いて新次元の運用と管理が実現できるようになる。(Greg Gorbach)